会報誌7(顎裂手術・虫歯予防)


2018春 座談会

●日時:2018年3月4日(日)14時~16時

●場所:早島町中央公民館(2階 和室)

    〒701-0303 岡山県都窪郡早島町前潟240 

●人数:最大10家族ほど。(先着順) 

●対象者:口唇口蓋裂児のご家族、妊婦さん、患者本人

●参加費:300円

●申込方法:web申込

URLはこちら→http://kokucheese.com/event/index/505351/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




↑家族会の締切は、2/25(日)です(^^)





最近は、顎裂手術(骨移植)は早い子で6歳頃からしています。


親としては、なるべく記憶に残らないうちに、

そして、早く歯が生えるようになったらいいな、と


「早く顎裂手術してあげたい!」

「いつ頃になるんだろう...」と、少し焦ってしまう事もあるかもしれません。


ですが、その子その子で歯ぐきやあごの発達はまったく違うため、手術が10歳を過ぎる子もたくさんいます。


我が子の成長をじっくり見てあげながら サポートしてあげたいですね。

(とは言ってもドキドキですが、、)




そして、、まずは幼児期からの


虫歯


にならないサポートが大切です!




先日、歯科の先生に以下の順番が
大切な順だと言われました。

1  食べ物に気をつける
2  歯磨き
3  フッ素(あくまで補助的なものという考えを持ちましょう)




みなさん、どう思われましたか?

与える食べ物が大切とのこと!
ドキっとしたお母さんもいるかも?!


そして、兄妹で差をつけないことが大切とのことでした。

お兄ちゃんはチョコレート食べていいのに、僕はダメなの?
妹はキャラメル食べてるのに、なんでお姉ちゃんなのに私はダメなの?


ってやつですね( ̄▽ ̄;)ドキドキ、、


そして、フッ素はあくまで
虫歯予防の補助的なものなので、
一番は、日々の食べ物や歯磨きが大切とのことです。



#口唇口蓋裂 #顎裂 #骨移植 #虫歯予防